今を生きるあなたと私。

知識の中で生きているあなたと私。

何も知らなければ常識の中だけで生きていくしかなく、それが1番正しいことなんだと自分の中で解釈する。

私・・・

そんな人生怖いと思った。

ただただ働かせられる人生、なにもおもしろくないと思った。

働かされることが当たり前の中で「働かない」と言う選択肢があることに気付き、「働かない」でお金を稼ぐためにはどうしたらイイかと本気で調べ上げた。

その結果が今である。

ここまでたどり着くのに5年以上はかかっている。

その間、あなたは出世したでしょう。

40代にもなれば課長くらいにはなっているでしょう。

5年という歳月。

役職で考えるのであればあなたは課長。

私は社長。

給料は?

あなたより何十倍も多いと思う。

5年という歳月。

あなたより貧しい生活をしてきましたよ。

けど、調べれば調べるほどにドキドキ・ワクワクが止まらなくなり、ある意味、病みつきになった。

ドキドキ・ワクワクこそが人生で必要だし、本気の笑顔こそが生きるための活力源にもなる。

もし、社畜時代、私が「働かない」ということに「諦め」を貫いていたなら今の自分は存在しないわけで、おそらく転職続きのクズ中のクズになっていただろう。

もちろん、今でもあなたから見ればクズで間違いない。

けど、クズでもこの人生が生きる上で1番快楽でもあり人間の望んでいることでもある。

私が求めていたもの。

今、お金と言う部分では手に入った。

あとは、この「何もしない時間」を有効活用して何をしようかと目論んでいる。

絶対に言えること。

それは、嫌いな人間とは付き合いたくもないししゃべりたくもない。

働いていればそれが「しょうがない、我慢」が当たり前になるんだろうけど、今の私にはそんな「当たり前」など絶対に必要ない。

嫌いな人間と一緒にいなければならない仕事って「当たり前」じゃないからね、私みたいな人間もこの世にはたくさんいるからね。