派遣社員で働いていた時に自分の末路が見えた瞬間、本当にマジで焦った。

会社という組織の中には55歳以上の人もいる。

管理職でもなければ期待もされていないおじさんたち。

30代だった私は、もう20年後に「あーなる」と見えた瞬間に怖くなった。

明らかに煙たがられているし、
明らかに仕事が出来ない。

頑固で禿散らかしているし
ヒゲも適当に剃っている。

それでも家族のため、生活のために働かなければならないわけだけど、何も学んでこなかったツケがその「結果」であることは間違いない事実であり、それを隠すことも「私には」出来ない。

管理職の人でもそう。

やけに現場に来る50歳以上の管理職は事務所に居づらいから現場に来るのであって、現場に来なくてもいいのになんか理由をつけて現場に行けるようにスケジュールを組む。

私は、そんなおじさんになりたくない。

絶対に。

だから、今、準備するのである。