これから話すことは、
決して自慢ではない。

私は、今までたくさんの職場で働いてきましたが、
どの職場に行っても仕事ができる優秀な人間でした。

私が来るまでふんぞり返っていた上司たちは、
私に対してだけ優しく接し、
私が、何かアドバイスするとそれに従う人ばかりでした。

逆に、反抗する人。

それは、私の実力に対して嫉妬する人たち。

反逆の態度で接し、
無視する始末。

当然私は、その事実を知りながら
その人たちに普通に接していました。

当然、嫉妬する人たちは私のことを「鈍感」だと
感じたことでしょう。

なぜなら、この空気の中平然と話してくるのですから。

私は、他人の心を読むことが可能です。
だから、どんな人に対しても上手に接することが可能。

・・・こんなことを平然と書いてしまう私。

かなり「イタイ」ですね。

でも、そんなことも分かっています。

この記事で私が伝えたいことは、
私のように「イタイ」人間は少ないということ。

ただ単に「イタイ」人間はたくさんいますが、
私のように何もかも知っている「イタイ」人間は本当に少ない。

だから、希少なんですよね。
だから、仕事が出来るんです。
だから、できる上司からは気に入られる。