日本プロレス大人気ユニット「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」の内藤哲也&BUSHIが、TBS系日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」に出演することが発表された。

  • 日時:2018年2月25日(日)
  • 時間:21時~

■ 内藤哲也選手コメント

いま、プロレス界で最も輝いてる“内藤哲也”を起用するのは、まぁ当然の話でしょう。俺がどのような形で「99.9」に出演するのか、いろいろと予想しながら楽しみに待っていてください。2月25日のオンエアまで、トランキーロ、あっせんなよ!

■ BUSHI選手のコメント

やっと俺の出番がきたってことか。遅すぎ。シーズン1で出演したのは、丸武商店のからあげだけだったからね…。待ちくたびれたよ。エンセリオ! ま・じ・で!」

■ 第6話あらすじ

舞子(木村文乃)の元に、大酉寿司店主・新井(竜雷太)が弁護依頼にやってきた。不動産屋・平田(三又又三)の殺害容疑で警察から事情聴取を受けているという。事件当日、新井が事件現場に出入りしていたことが容疑をかけられた理由だったが、新井は否認していた。

さっそく事件現場にやってきた深山(松本潤)と舞子は、タバコ屋店主・飯田(ダンカン)に事件当日、現場に出入りしていた人間が、新井以外にもう一人いたという話を聞く。そんな中、深山らが事務所に戻ると、平田殺害の容疑者逮捕のニュースを目にする。テレビに映された尾崎(佐藤勝利)は舞子の弟だった。さらに、雄太が2年前に窃盗事件で有罪判決を受けていたことが判明する。

舞子は雄太と接見して弁護を請け負おうとするが、雄太から頑なに拒否される。舞子と雄太の間には、あることがきっかけで大きな溝ができていたのだ。結局、深山が一人で弁護を担当することに。雄太は「今回の事件も2年前の事件もやっていない」と否認する。

一方、所長・斑目(岸部一徳)は、雄太が本当に犯人であれば顧客からの信用に関わるため、舞子には辞めてもらうと佐田(香川照之)に言い放つ。

殺人容疑と2年前に雄太が有罪判決を受けた窃盗事件が深く絡まり合った難事件。果たして深山らは事実を見つけ出し、雄太、そして舞子を救うことができるのか。

引用記事:ザ・テレビジョン

・・・内藤哲也&BUSHIの今回のドラマ出演はロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン発足からこれが初である。