2018年6月9日:大阪城ホール大会、ダブルメインイベントの1試合目に組まれた「内藤哲也 vs クリス・ジェリコ」・・・

内藤哲也・・・

この一戦、

インタビュー記事を読む限り・・・

なんか・・・

とんでもないことを仕掛けてきそうですね 汗

今回のジェリコ戦は、自分がまだ“踏み込んでないエリア”に足を踏み入れるんじゃないか?

たとえ、どんな結末になってもトランキーロ!!って・・・

・・・そのとんでもないことを【深読み】したいのですが、全く読めません www

でも、ドキドキ・ワクワク・・・胸騒ぎがする・・・

内藤哲也が制御不能になってからの「とんでもないエピソード」と言えば・・・私の中では「3つ」ほどある。

1、2016年4月10日:両国国技館大会・・・IWGPヘビー級選手権試合で、EVIL、BUSHIと乱入させ、パレハ・SANADAまで登場させた。

2、インターコンチネンタルベルトを、蹴って、投げて破壊・・・ファンから「●ね」というメッセージをもらったとも言っていた。。。

3、近々で言えば、タイチの頭をマイクで殴打。そして、破壊・・・

まぁ、エンターテインメントと捉えてもいいエピソードでもあるが、誰も思いつかないことをたくさん仕掛けてきたのは事実。

また、内藤哲也が何かを仕掛けた瞬間「誰もが」声を張り上げてしまったのも事実。

内藤哲也のインタビューを読む限り、「血」はあるのか?ないのか?どうなのか?

www.njpw.co.jp

まぁ、今の内藤哲也の心境を【深読み】するのであれば、クリス・ジェリコのことをあまり興味がないと言ってはいるが、本心は「大チャンス」と思っているに違いない。

また、この大チャンスをモノにできれば、とんでもない景色を我々ファンは目の当たりにするかもしれない。

まずは、前日の調印式?を楽しみに待ってましょう・・・きっと、あると思うのですが・・・

今週号の週刊プロレス

2018年5月18日~2018年6月4日まで行われた「ベスト・オブ・スーパージュニア25」で優勝したロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン高橋ヒロムが表紙 !!!

※楽天マガジン:月額380円(税抜)で約200雑誌が読み放題! 31日間無料でお試しでき、楽天ポイントも貯まる! 最大5台のスマートフォン・タブレットで利用が可能。勿論、週刊プロレスも読める!18誌前のバックナンバーまで。

・・・ちなみに、「dマガジン」では、1誌前のバックナンバーまでしか読めません。また、「Yahoo!ブックストア」では、12誌前まで。

週刊プロレスをネットで読むなら「楽天マガジン」おススメ。

⇒ 楽天マガジン